作業当日までの準備

作業当日までに以下の作業、確認が必要になります。

1. マスタリング スタジオのスケジュールを押さえる
2. ISRC(アイエスアールシー)、POS(ポス) を取得し、レーベルコピーを作成する
3. マスタリング スタジオに納品するTD(ティーディー)マスタ-の形態・日付などを確認・連絡する
4. 製品用マスターの納品形態、また、配信用やTV用など別途用意する必要がある場合は、それらの納品形態を確認・連絡する

1~4などは、メーカーやディレクター個人などにより、様々な対応があります。
プロモーションには出したいが、商品の発売日はまだ先となっていて、レーベルコピーが用意出来なかった…など、という事もあると思います。
しかし、マスタリング日前までには準備出来ると、当日の作業がスムーズになり、時間の短縮に繋がります。
そして、Track Downも順調に進み、制作進行が見えてきたらマスタリングのスケジュールを決定という形で押さえます。

次から、各項目を詳しく説明します。


1. マスタリング スタジオのスケジュールを押さえる

マスタリングは誰に依頼するのか?音の方向性やMix(ミックス)エンジニアの希望もある事と思います。それらを確認し、マスタリングスタジオやエンジニアの選定をします。

仮予約は、発売日の約2ヶ月前に予約することが望ましいと考えます。ただ昨今の制作進行から2ヶ月前というのはなかなか難しいかと思いますが、プロモーション等のことを考えると、なるべく早い仮押さえが必要かと思います。仮押さえの時に、現時点で分かっている事を伝えます。

・プログラム名 : アーティスト。
・構成 : シングル or アルバム or 配信用 or 白盤 or LIVE DVDなど。
・曲数 : ボーカル入り・インスト(☆1)、それぞれ何曲か、収録曲数。
・時間 : 希望のスタート時間。

☆1 インストとは・・・
インストとはインストゥルメンタルの略で歌詞や歌唱のない、演奏だけの事。

その他
Live DVD等の収録時間が長い作業や、マスターの納期が迫っているもの(例えば当日の夕方迄等)は、マスター作成の時間も考え、余裕をもって押さえる事が望ましいです。

 

2. ISRC(アイエスアールシー)、POS(ポス) を取得し、レーベルコピーの作成

マスタリングでは、プレス用マスターを作る際に、商品流通のためのサブコードと言われる情報を入力します。このサブコードには、ISRC(アイエスアールシー)とPOS(ポス)コードの2種類があります。

この2つのコードについては次の項目の【ISRC、POSとは?】にて詳しく説明してあります。
必ず理解し、間違った使い方をしない様にしましょう。

 

この2つのコードが無ければマスターを仕上げる事が出来ません。
弊社ではこのコード不備の為、マスタリング作業が中断してしまう事が多々あります。
必ず事前に準備し、問題ないかを確認しておきましょう!

 

レーベルコピーとは、発売の決まった製品の情報が記入されている書式です。編成表とも呼ばれます。
弊社には、レーベルコピーの定められたフォーマットはありません。手書きであったり、WordやExcelで作成された文書であったり、様々です。今後、フォーマットを定める必要性があります。
正式なレーベルコピーが必要ではありますが、マスタリングで特に必要な情報は、正式なアーティスト・タイトル表記と、ISRC、POS、後はプレス用マスターに表記する品番(製品番号、カタログナンバー)です。
品番とは、各メーカーにおける商品の管理番号です。同一タイトルでも、収録曲数や形態(CDにDVD付きの商品や、CDのみの商品…など)が違う場合は各1つずつ振り当てられます。

この品番は、プレス用マスターにデータ入力する事はありませんが、商品管理をする上で重要な番号です。
また、ISRCとPOSに関しては、プレス工場で入力可能な場合もあります。
しかし、プレス工場に確認が必要であり、音質維持のためマスタリングスタジオで入力し、プレス工場に納品する方が望ましいと思われます。
※DVD、Blu-rayの場合はISRCはマスタリングスタジオでは入力せず、オーサリング(☆2)で入力します。
※メーカーによっては外部で作成されたマスターでも、自社スタジオにてコード類を入力をして納品し、管理しているところもあります。(ソニー、ビクターなど)

☆2オーサリングとは
文字や画像、音声、動画といったデータを編集して一本のソフトウェアを作ること。プログラミングを伴う場合もありますが、一般的には複数のマルチメディア要素を編集・統合して一つのタイトルとしてまとめることをオーサリングと呼びます。チャプターも作成します。

★ このレーベルコピーを前日までにメールで (Excel、Word、PDFなど) スタジオにお送ります!!
製品になるマスターに重要な情報(コード)を入力するので間違いがあってはいけません。
データで頂けると、それをコピー&ペーストで作業を行うことが出来る為、手入力より正確さが増し確実だからです。
また、前日までに頂くことにより、あらかじめ必要な情報が確認でき、もし不備のある場合はこちらから作業日迄にお伝えし、修正できるという利点もあります。
すべては当日の作業がスムーズに進む事と、製品に万全を期す為です。

BOOKING

トラブルを未然に防ぐ為、スタジオスケジュールについてのお問い合わせはお電話のみに限らせて頂きます。
何卒ご了承ください。

recording

03-5794-4006

mastering

03-5794-4008

studios